ESP8266気象ユニット(1) – 温湿度・気圧センサー

温湿度・気圧センサーモジュールBME280から温度、湿度、気圧データを取得します。

使用する主なもの
ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《フル版》
BME280使用 温湿度・気圧センサモジュールキット
FT231X USBシリアル変換モジュール

接続
ESP-WROOM-02 ———- 接続先
3V3 ———- 3.3V電源
EN ———- Pull UP
IO14 ———- NC
IO12 ———- NC
IO13 ———- LED+ (LED-は100Ω経由GND)
IO15 ———- Pull DOWN
IO2 ———- NC
IO0 ———- DTR# (FT231X)

GND ———- GND
IO16 ———- NC
TOUT ———- NC
RST ———- 書き込み時 RTS# (FT231X)/実行時 NC
IO5 ———- SCK (BME280)
TXD ———- RXD (FT231X)
RXD ———- TXD (FT231X)
IO4 ———- SDI (BME280)

電源
3端子レギュレーター (NJU723F33 3.3V 500mA)
Pin 1 ———-3.3V出力 (GNDと0.1μFセラミックコンデンサ)
Pin 2 ———-外部電源入力(バッテリーなど) (GNDと0.1μFセラミックコンデンサ)
Pin 3 ———-GND

Arduino IDEの設定
スイッチサイエンスの記事「ESP-WROOM-02開発ボードをArduino IDEで開発する方法」参照

スケッチの書き込みと実行
書き込み時はRSTにRTS# (FT231X)を接続、実行時はRSTはNCで電源OFF-ON

R0015091s

出力例
Temp=28.64
Humidity=55.35
Pressure=989.70

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です