キッチンスケールをHackして デジタル出力の秤を作ろう

MFT2017でデモしたLabVIEWプログラムやスケッチは以下のURLからダウンロードできます。

北東北LabVIEWユーザー会
https://forums.ni.com/t5/北東北-LabVIEWユーザー会/メイカーフェア東京2017でのLabVIEW-Home版のデモの紹介/gpm-p/3674153

 

測定結果が保存できる秤が欲しかったので、市販のキッチンスケールのセンサー(ロードセル)と筐体を利用して作成しました。
シリアル通信で測定結果をPCに伝えますが、PC側のソフトウェアとしてLabVIEW Home Editionを使うとメーターやグラフやデータ保存などのプログラムが簡単なので紹介します。

ロードセル用アンプHX711は小型でデジタルインターフェースなのでロードセルの直近に配置できます。Amzonで150円ぐらいで購入できます。ライブラリも幾つか提供されていますが、スケッチのコメントに書いたライブラリを使いました。

Macで使っていてノイズが少なくて安定していたのですが、Windows PCに置き換えたところノイズが目立ちました。Windows PCではUSBから取っているNanoの5Vがやや高めになっているのが気になって、HX711を3.3V駆動に変えたらOKになりました。

Arduino用スケッチ

 

NI LabVIEW Home Editionは秋月で購入できるようになりました。

LabVIEWプログラム

Maker Faire Tokyo 2017に持っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です