手作りの大型7セグメントフルカラー表示器(デモ版)

メイカーフェア東京2017では、LEDの点滅状態がわかりやすいように、加工前のシリアルLEDと2個ずつセグメント状態に配置した表示器を並べて展示しました。

表示器で数値をカウントアップ、カウントダウンするだけなので、プログラムがシンプルで分かりやすいと思います。下の写真が全体の画像です。左端に14個のLEDが並んだシリアルLED、右下が1セグメントに2個のLEDを配置した7セグメント表示器、右上がプリント基板です。どちらのLEDもNanoの5V、GND、D7に接続しました。

LEDは次の写真のように0から13までの順番でつながっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プリント基板のパターンは、右端中央から信号が入り、左端中央から次の桁に信号を伝えるように考えました。基板の面積を最小限にできるようにナルト模様のようにしました。基板を近づけて配置するときに有効な方法だと思います。基板は木工CNCで切削してパターンを作成しました。バリがあると指に刺さったり、短絡してしまったりするので、ヤスリで削ってあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左側の14個の切断していないLEDと7セグメント表示器の14個のLEDは、電気的には全く同じように直列に14個接続されたもので、Nanoの同じ端子に接続されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全て点灯させると以下のように光ります。写真では色がわかりにくいですが、2個のシリアルLEDはNanoに近い方から末端まで同じ色に光っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数字の4はこのように点灯します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソフトウェア

seg[0]からseg[6]までの配列でセグメント0からセグメント6に対応させて、表示する数値によってセグメントを点灯するときはHIGH、消灯するときはLOWにします。具体的にはSeven_seg_Mask(int i)関数で、seg[0]からseg[6]まで設定します。rainbowCycle_Mask(uint8_t wait)関数はサンプルプログラムのrainbowCycle(uint8_t wait)関数をベースにseg[0]からseg[6]までのHIGH/LOWでHIGHの場合だけ点灯するように改造しました。ここで、セグメントに2個LEDを配していることに注意して、i番目のLEDのHIGH/LOWはseg[i/2]で表わしました。

rainbowCycle関数を使った色の設定と、セグメントHIGH/LOWを掛け合わせることで簡単にカラフルな数値表示を実現しています。

(2017.08.10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です